• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

向井去来の解説 - 小学館 大辞泉

[1651~1704]江戸前・中期の俳人。蕉門十哲の一人。長崎の人。名は兼時。字 (あざな) は元淵。別号、落柿舎 (らくししゃ) 。京都嵯峨 (さが) の落柿舎に住み、芭蕉に師事。野沢凡兆とともに「猿蓑 (さるみの) 」を編んだ。俳論書「旅寝論」「去来抄」など。

[文学/江戸時代までの作家・文学者]カテゴリの言葉