• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

向田邦子の解説 - 小学館 大辞泉

[1929~1981]脚本家・小説家。東京の生まれ。脚本家として「七人の孫」「時間ですよ」など多数のヒット作を世に送り出す。その後、エッセー集や小説を発表し、人気を集めた。短編小説「花の名前」「かわうそ」「犬小屋」で直木賞受賞。他に「寺内貫太郎一家」「男 (お) どき女 (め) どき」、エッセー集「父の詫び状」など。

向田邦子の解説 - SOCKETS人物データベース

脚本家、小説家。ドラマ「時間ですよ」「だいこんの花」「阿修羅のごとく」「あ・うん」などを手掛ける。以前は映画雑誌編集者として働いていた。1981年、飛行機事故にて死去。83年、これまでの功績を称え、優れた脚本家に与えられる"向田邦子賞"が創設された。
出生地
東京府荏原郡世田ヶ谷町若林(現・東京都世田谷区若林)
生年月日
1929年11月28日 いて座
没年月日
1981年8月22日(享年51歳)
別表記
幸田邦子

[文学/明治以降の作家・文学者]カテゴリの言葉

[演劇・映画/演劇人・映画人]カテゴリの言葉

出典:gooニュース