• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

呉敬梓の解説 - 小学館 大辞泉

[1701~1754]中国、清 (しん) 初の文学者。安徽 (あんき) 省全椒 (ぜんしょう) の人。字 (あざな) は敏軒 (びんけん) 、号は文木 (ぶんぼく) 。著作「儒林外史 (じゅりんがいし) 」は風刺小説の源流とされ、「紅楼夢 (こうろうむ) 」とともに清朝小説の双璧と称される。他に「文木山房集」「詩説」など。