周敦頤の解説 - 小学館 大辞泉

[1017~1073]中国、北宋の思想家。営道(湖南省)の人。字 (あざな) は茂叔。号、濂渓 (れんけい) 。「太極図説」を著し、朱子学に影響を与えた。また「通書」で、道徳的価値の究極としての誠を強調。