和泉式部の解説 - 小学館 大辞泉

平安中期の女流歌人。大江雅致 (おおえのまさむね) の娘。和泉守橘道貞と結婚し、小式部内侍を産んだ。為尊 (ためたか) 親王、次いでその弟の敦道 (あつみち) 親王と恋をし、上東門院彰子に仕えてのち藤原保昌に嫁するなどした経歴から、恋の歌が多い。「和泉式部日記」「和泉式部集」がある。生没年未詳。

出典:青空文庫