• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

喜多村緑郎の解説 - 小学館 大辞泉

[1871~1961]新派俳優。東京の生まれ。本名、六郎。明治29年(1896)高田実らと成美団を結成。新派の写実的演技術の確立に努め、女形として活躍。主な舞台に「侠艶録」「滝の白糸」「婦系図」など。

喜多村緑郎の解説 - SOCKETS人物データベース

役者・俳優
出生地
東京都
生年月日
1871年7月23日 しし座
没年月日
1961年5月16日(享年89歳)
別表記
初代 喜多村 緑郎

[演劇・映画/演劇人・映画人]カテゴリの言葉

出典:gooニュース