• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

喜田川守貞の解説 - 小学館 大辞泉

[1810~?]江戸後期の風俗史家。大坂の人。本姓、石原。上方・江戸の風俗習慣を記録した「守貞漫稿」は、明治になって「類聚 (るいじゅう) 近世風俗志」として刊行された。

[日本史/江戸時代の人物]カテゴリの言葉