• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

国阿の解説 - 小学館 大辞泉

[1314~1405]室町前期の僧。時宗 (じしゅう) 国阿派の祖。播磨 (はりま) の人。出家して随心、のち真空と称し、託阿 (たくあ) に師事して名を国阿と改めた。諸国を遊行 (ゆぎょう) し、京都双林寺霊山寺を再興。