• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

土佐光起の解説 - 小学館 大辞泉

[1617~1691]江戸前期の画家。の人。光則の子。承応3年(1654)室町末期以来とだえていた宮廷の絵所預となり、土佐家を再興、江戸時代の土佐様式をつくりあげた。のち剃髪して常昭と号し、法眼 (ほうげん) にまで進んだ。