• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

土屋安親の解説 - 小学館 大辞泉

[1670~1744]江戸中期の装剣金工家。出羽 (でわ) の人。通称、弥五八。晩年、東雨と号す。江戸に出て奈良派の門に入る。特に鐔 (つば) を得意とし、多様な技法による雅味豊かな作品を生んだ。奈良三作の一人。