坂本竜馬の解説 - 小学館 大辞泉

[1836~1867]幕末の志士。土佐藩士。名は直柔 (なおなり) 。千葉周作道場に剣を学び、のち脱藩し、勝海舟に師事。慶応2年(1866)薩長同盟成立に尽力。前土佐藩主山内豊信 (やまうちとよしげ) を説いて大政奉還を成功させたが、京都で暗殺された。