• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

坂田昌一の解説 - 小学館 大辞泉

[1911~1970]物理学者。東京生まれ。名大教授。湯川秀樹に協力して中間子を理論的に研究。電子の自己エネルギーの発散についての理論を起こし、朝永振一郎繰り込み理論の素地を作った。素粒子の複合模型「坂田模型」を提唱して素粒子論の新段階を開いた。

[物理・化学/物理・化学の人物]カテゴリの言葉