• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

坪井信道の解説 - 小学館 大辞泉

[1795~1848]江戸後期の蘭方医。美濃の人。名は道。号、誠軒など。江戸で開業後、萩藩の侍医。門下に緒方洪庵川本幸民らがいる。著「診候大概」など。

[日本史/江戸時代の人物]カテゴリの言葉