• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

城山三郎の解説 - 小学館 大辞泉

[1927~2007]小説家。愛知の生まれ。本名、杉浦英一。経済学の知識を生かし、企業の内部や組織の裏面の人間模様を鮮やかに描き、企業小説の大ブームを巻き起こした。伝記小説も手がけ、映像化された作品も多い。「総会屋錦城 (きんじょう) 」で直木賞受賞。他に「黄金の日日」「落日燃ゆ」「毎日が日曜日」など。

城山三郎の解説 - SOCKETS人物データベース

作家・脚本・エッセイスト 学者・教授
出生地
愛知県名古屋市
生年月日
1927年8月18日 しし座
没年月日
2007年3月22日(享年79歳)
別表記
杉浦 英一 すぎうら えいいち