• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

堀田正俊の解説 - 小学館 大辞泉

[1634~1684]江戸前期の政治家。下総 (しもうさ) 古河 (こが) 藩主。将軍徳川綱吉擁立に功をあげて大老となったが、殿中で若年寄の稲葉正休 (まさやす) に刺殺された。

[日本史/江戸時代の人物]カテゴリの言葉