• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

堤千代の解説 - 小学館 大辞泉

[1917~1955]小説家。東京の生まれ。本名、文子。先天的な心臓疾患を抱えており、通学せず自宅で独学。「小指」およびその他の作品で女流作家として初めて直木賞受賞。他に「再会」「柳の四季」「カナリヤの歌う日」など。

堤千代の解説 - SOCKETS人物データベース

作家・脚本・エッセイスト
出生地
東京都
生年月日
1917年9月20日 おとめ座
没年月日
1955年11月10日(享年38歳)

[文学/明治以降の作家・文学者]カテゴリの言葉