• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

堤康次郎の解説 - 小学館 大辞泉

[1889~1964]実業家・政治家。滋賀の生まれ。衆議院議員、同議長。箱根土地(後のコクド)・西武鉄道などを設立、西武グループを築き上げた。

堤康次郎の解説 - SOCKETS人物データベース

大正〜昭和の実業家。西武グループ(鉄道、コクド、セゾンなど)の創業者。強引かつ知能的な土地買収、また「ピストル堤」の名で知られる(自宅に乱入した暴漢をピストルで撃退した逸話から)。軽井沢、箱根、伊豆西岸、西武線沿線、池袋の開発の功績は計り知れない。
出生地
滋賀県愛知郡愛荘町(旧・八木荘村)
生年月日
1889年3月7日 うお座
没年月日
1964年4月26日(享年75歳)

[社会/政治・経済の人物]カテゴリの言葉