• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

塩谷宕陰の解説 - 小学館 大辞泉

[1809~1867]江戸末期の儒学者。江戸の人。名は世弘。松崎慊堂 (まつざきこうどう) に師事。浜松藩主水野忠邦に仕え、のち幕府の儒官。「阿芙蓉彙聞」「籌海 (ちゅうかい) 私議」を著して海防の必要を述べた。