• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

壱与の解説 - 小学館 大辞泉

魏志倭人伝 (ぎしわじんでん) にみえる、3世紀ごろのの女王。卑弥呼 (ひみこ) の死後、国中が内乱となったが、13歳になる同族の壱与が女王となって乱が治まったという。

[補説]「臺与 (とよ) 」の誤写とみる説もある。

[日本史/平安時代までの人物]カテゴリの言葉