• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

売茶翁の解説 - 小学館 大辞泉

[1675~1763]江戸中期の黄檗 (おうばく) 宗の僧。肥前の人。俗名、柴山元昭。万福寺で修行。京都東山で売茶業を営みながら生涯を送った。煎茶道を広めたとされる。晩年は僧をやめ、高遊外 (こうゆうがい) と称した。まいさおう。