• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

多田南嶺の解説 - 小学館 大辞泉

[1698~1750]江戸中期の国学者。摂津の人。名は義俊。壺井義知らに音義説有職故実を学び、また、八文字屋自笑の浮世草子の代作もしたという。著「旧事紀偽撰考」「伊呂波声母伝」など。