大井憲太郎の解説 - 小学館 大辞泉

[1843~1922]社会運動家。大分の生まれ。自由民権運動の指導者で、明治15年(1882)自由党に加わる。朝鮮政府の改革を意図して大阪事件を起こし、入獄。同25年東洋自由党を結成。労働者・小作人の保護に尽力。著「時事要論」「自由略論」。