大典の解説 - 小学館 大辞泉

[1719~1801]江戸中期の臨済宗の僧。近江の人。名は顕常、字 (あざな) は梅荘。大典は号。京都の相国寺住持。対馬 (つしま) に赴任、幕府の朝鮮修文職として国交文書を司る。著作に「小雲棲稿」「皇朝事苑」「北禅遺草」など。

出典:青空文庫