• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

大原幽学の解説 - 小学館 大辞泉

[1797~1858]江戸末期の農村指導者。神道・仏教・儒教を学び、下総 (しもうさ) 国香取郡長部村で村民を指導して村の建て直しを図ったが、幕府の圧力をうけ自殺。彼がつくらせた土地共有組織「先祖株組合」は、農業協同組合運動の先駆となった。著「性学趣意」「微味幽玄考」など。

[日本史/江戸時代の人物]カテゴリの言葉