• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

大国隆正の解説 - 小学館 大辞泉

[1793~1871]江戸末期の国学者。石見 (いわみ) の津和野藩士。江戸の生まれ。姓は今井、のち野之口。平田篤胤 (ひらたあつたね) 国学昌平坂学問所古賀精里 (こがせいり) 儒学を学んだ後、文人墨客と交わる。また、村田春門 (むらたはるかど) 音韻学を学び、長崎に遊学し洋学を修めた。著「六句歌体弁」「古伝通解」など。