• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

大塚楠緒子の解説 - 小学館 大辞泉

[1875~1910]歌人・小説家。東京の生まれ。本名、久寿雄 (くすお) 。美学者大塚保治の妻。著作に与謝野晶子の「君死にたまふこと勿 (なか) れ」と並称される厭戦詩「お百度詣」、小説「晴小袖」「空薫 (そらだき) 」など。

大塚楠緒子の解説 - SOCKETS人物データベース

明治末に活躍した歌人、作家。雑誌『太陽』に日露戦争に出征した夫の無事を祈る妻の心情を歌った「お百度詣」を発表。
出生地
東京都
生年月日
1875年8月9日 しし座
没年月日
1910年11月9日(享年35歳)
別表記
大塚久寿雄 久寿雄子 楠緒 楠緒子