• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

大岡昇平の解説 - 小学館 大辞泉

[1909~1988]小説家。東京の生まれ。戦争体験をもとにした「俘虜記 (ふりょき) 」で作家として出発。精細な心理描写と知的な作品構成で知られる。他に「武蔵野夫人」「野火」「レイテ戦記」など。

大岡昇平の解説 - SOCKETS人物データベース

モーツァルトを深く愛し、晩年には息子の影響でストーンズなども聴くようになった、戦後の日本文学のご意見番的な作家。
出生地
東京都
生年月日
1909年3月6日 うお座
没年月日
1988年12月25日(享年79歳)