• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

大村智の解説 - 小学館 大辞泉

[1935~ ]化学者。薬学者。山梨の生まれ。微生物から発見した新物質によって、多くの医薬・農薬・生化学研究用試薬の実用化に寄与。このうち、エバーメクチンをもとに開発された、抗寄生虫薬のイベルメクチンは、熱帯病のオンコセルカ症の治療に用いられ、多くの患者を失明から救った。平成27年(2015)、ノーベル生理学医学賞受賞。同年、文化勲章受章。