• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

大槻磐渓の解説 - 小学館 大辞泉

[1801~1878]幕末から明治初期の儒学者。江戸の人。玄沢の次男。仙台藩侍講。外国事情と西洋砲術を研究し、開港論を主張。著「孟子約解」「近古史談」など。