• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

大田南畝の解説 - 小学館 大辞泉

[1749~1823]江戸後期の狂歌師・戯作者。江戸の人。名は覃 (たん) 。別号は蜀山人 (しょくさんじん) ・四方赤良 (よものあから) 。有能な幕臣でもあり、広く交遊をもち、天明調狂歌の基礎を作った。編著「万載狂歌集」、咄本「鯛の味噌津」、随筆集「一話一言」など。

[文学/江戸時代までの作家・文学者]カテゴリの言葉