• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

大田垣蓮月の解説 - 小学館 大辞泉

[1791~1875]江戸後期の女流歌人。京都の人。名は誠 (のぶ) 。夫の没後、尼となり、法名蓮月を名乗る。陶器を作り、自詠の歌を書いて生活の資としたという。歌集「海人 (あま) の刈藻 (かるも) 」がある。蓮月尼。

[文学/江戸時代までの作家・文学者]カテゴリの言葉