• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

大窪詩仏の解説 - 小学館 大辞泉

[1767~1837]江戸後期の漢詩人。常陸 (ひたち) の人。名は行 (こう) 。字 (あざな) は天民。宋元 (そうげん) の詩風の清新さを学ぶことを唱え、江戸詩壇の一中心となった。詩集に「詩聖堂詩集」。

[文学/江戸時代までの作家・文学者]カテゴリの言葉