• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

大西祝の解説 - 小学館 大辞泉

[1864~1900]哲学者。岡山の生まれ。号は操山。東京専門学校で哲学・倫理学などを講じるかたわら「六合雑誌」を編集。ドイツに留学。カントの批判主義的態度に立ち、理想主義の普及に貢献し、明治中期の啓蒙家の役割を果たした。