大野洒竹の解説 - 小学館 大辞泉

[1872~1913]俳人・医師。熊本の生まれ。本名は豊太。明治27年(1894)佐々醒雪 (さっさせいせつ) らと筑波会を起こす。古俳書の収集に努め、俳諧史に詳しかった。蔵書はのちに東大図書館に寄贈され「洒竹文庫」という。著「山崎宗鑑伝」「与謝蕪村」など。

出典:青空文庫