大雅の解説 - 小学館 大辞泉

詩経」の分類の一。31編。六義 (りくぎ) の一つであるを、小雅とともに構成する。王朝の儀式・宴席などでうたった詩で、周の歴史を主題とした叙事的内容のものもある。

出典:青空文庫

[文学/外国の文学]カテゴリの言葉

[美術・音楽/日本・東洋の美術作家]カテゴリの言葉

出典:gooニュース