• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

大須賀乙字の解説 - 小学館 大辞泉

[1881~1920]俳人。福島の生まれ。本名、績 (いさお) 。明治41年(1908)「アカネ」誌上に俳論を発表し、新傾向俳句運動の口火を切り、のち「俳壇復古論」を唱えた。著「乙字句集」「乙字俳論集」など。

[文学/明治以降の作家・文学者]カテゴリの言葉