• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

天璋院の解説 - 小学館 大辞泉

[1837~1883]江戸幕府第13代将軍徳川家定の正室。幼名は於一 (おかつ) 。薩摩藩今和泉領主、島津忠剛 (ただたけ) の子として生まれる。島津斉彬の養女(篤子 (あつこ) と改名)となり、近衛家の養女(敬子 (すみこ) と改名)を経て御台盤所 (みだいばんどころ) となる。家定の死後、落飾して天璋院と称した。篤姫。

天璋院の解説 - SOCKETS人物データベース

その他
出生地
薩摩藩(現・鹿児島県)
生年月日
1835年2月5日 みずがめ座
没年月日
1883年11月20日(享年48歳)
別表記
篤姫 あつひめ

[日本史/江戸時代の人物]カテゴリの言葉