太田道灌の解説 - 小学館 大辞泉

[1432~1486]室町中期の武将。名は資長 (すけなが) 。上杉定正の執事となり、江戸城を築城。兵法に長じ、和漢の学問や和歌にもすぐれた。