• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

奥田穎川の解説 - 小学館 大辞泉

[1753~1811]江戸後期の陶工。京都の人。名は庸徳。通称、茂右衛門。別号、陸方山。呉須 (ごす) 赤絵風を得意とし、陶器だけであった京焼で、初めて磁器を焼いた。

[美術・音楽/日本・東洋の美術作家]カテゴリの言葉