• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

子母沢寛の解説 - 小学館 大辞泉

[1892~1968]小説家。北海道の生まれ。本名、梅谷松太郎。新聞記者を経て、大衆文学作家として活躍。作「新選組始末記」「国定忠治」「父子鷹」など。

子母沢寛の解説 - SOCKETS人物データベース

作家・脚本・エッセイスト
出生地
北海道石狩市
生年月日
1892年2月1日 みずがめ座
没年月日
1968年7月19日(享年76歳)
別表記
子母澤寛

[文学/明治以降の作家・文学者]カテゴリの言葉

[文学/戦後の作家・文学者]カテゴリの言葉