孟子の解説 - 小学館 大辞泉

[前372ころ~前289]中国、戦国時代の思想家。鄒 (すう) (山東省)の人。名は軻 (か) 。字 (あざな) は子輿 (しよ) 。仁義王道による政治を説き、自ら孔子の継承者をもって任じ、性善説易姓革命説を唱えた。後世、「亜聖 (あせい) 」と称される。
の言行や思想を記した書。7編。後漢の趙岐 (ちょうき) が各編を上下に分けて注を加え、14巻とした。宋代以降経書に数えられ、朱熹 (しゅき) の「孟子集注」により四書の一つとして重んじられた。

出典:青空文庫

[宗教・思想/仏教・儒教・ヒンズー教などの人物]カテゴリの言葉

[宗教・思想/思想・哲学]カテゴリの言葉

[宗教・思想/思想・哲学の人物]カテゴリの言葉