宇垣一成の解説 - 小学館 大辞泉

[1868~1956]軍人・政治家。陸軍大将。岡山の生まれ。清浦加藤若槻 (わかつき) 内閣の陸相を務め、軍縮と軍の合理化・近代化を進めた。のち、朝鮮総督。昭和12年(1937)組閣の大命を受けたが、軍部の反対にあって失敗。

[日本史/明治時代以降の人物]カテゴリの言葉