• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

宇治加賀掾の解説 - 小学館 大辞泉

[1635~1711]江戸前期の古浄瑠璃最後の名人。紀伊の人。前名、宇治嘉太夫 (かだゆう) 。京都を中心に活躍。古浄瑠璃と義太夫節の橋渡しの役割を果たした。