• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

宇野明霞の解説 - 小学館 大辞泉

[1698~1745] 江戸中期の儒学者。京都の人。字 (あざな) は士新。通称は三平。荻生徂徠の学問を学び、京都で初めて徂徠学を講じたが、後に離反。著作に「論語考」「明霞先生遺稿」など。

[日本史/江戸時代の人物]カテゴリの言葉