• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

宇野浩二の解説 - 小学館 大辞泉

[1891~1961]小説家。福岡の生まれ。本名、格次郎。私小説風の作品が多く、初期は軽妙饒舌 (じょうぜつ) な文体であったが、後年、読点を多用した余韻のある文体に転じた。小説「蔵の中」「子を貸し屋」「枯木のある風景」「思ひ川」など。

宇野浩二の解説 - SOCKETS人物データベース

日本の小説家・作家。
出生地
福岡県福岡市南湊町(現・中央区荒戸一丁目)
生年月日
1891年7月26日 しし座
没年月日
1961年9月21日(享年70歳)
別表記
宇野格次郎

[文学/明治以降の作家・文学者]カテゴリの言葉