• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

守覚法親王の解説 - 小学館 大辞泉

[1150~1202]平安末期から鎌倉初期の僧。後白河天皇の第2皇子。仁和 (にんな) 寺第6世となる。和歌・書道にすぐれた。著「北院御室御集」「野月鈔」など。

[文学/江戸時代までの作家・文学者]カテゴリの言葉

[美術・音楽/日本・東洋の美術作家]カテゴリの言葉