• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

安井曽太郎の解説 - 小学館 大辞泉

[1888~1955]洋画家。京都の生まれ。浅井忠に師事。渡仏してピサロセザンヌなどの影響を受ける。帰国後、二科会に参加、のち退会して一水会を結成。日本の風土に即しつつ、明るく近代感覚あふれる画風を確立した。文化勲章受章。