• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

安倍晋三の解説 - 小学館 大辞泉

[1954~ ]政治家。東京の生まれ。父は元外相晋太郎、母方の祖父は元首相岸信介。父の死後、山口の地盤を継いで平成5年(1993)衆議院議員に当選。小泉政権時の平成15年(2003)に自由民主党幹事長などを歴任。北朝鮮問題への強硬姿勢などで頭角を現し、平成18年(2006)に首相就任。教育基本法を改正するなどしたが、翌年、参院選敗北の責任や健康問題から辞任。平成24年(2012)に総選挙に勝利して再び首相に就任。アベノミクスなどを推進したほか、政権末期には新型コロナウイルス感染症(COVID-19)対策に取り組んだ。首相在任期間は通算・連続とも歴代最長。→福田康夫菅義偉

安倍晋三の解説 - SOCKETS人物データベース

成蹊大学法学部政治学科卒業。1979年から神戸製鋼所で3年間勤務したのち、93年の第40回衆議院議員総選挙で初当選を果たす。内閣官房副長官、内閣官房長官と要職を歴任し、06年に内閣総理大臣に就任。07年に辞任するも、12年に内閣総理大臣に再就任を果たした。
出生地
東京都
生年月日
1954年9月21日(67歳) おとめ座