• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

安島直円の解説 - 小学館 大辞泉

[1739~1798]江戸中期の数学者。出羽新庄藩士の子。号、南山。関 (せき) 流数学などを学び、円理や方程式などの研究をした。著「不朽算法」はその業績を集大成したもの。

[生活/その他]カテゴリの言葉

[数学/数学の人物]カテゴリの言葉