安部磯雄の解説 - 小学館 大辞泉

[1865~1949]政治家。早大教授。福岡の生まれ。キリスト教社会主義者として、明治34年(1901)片山潜幸徳秋水らと社会民主党を結成、即日禁止。日露戦争には一貫して非戦論を堅持。学生野球の普及にも尽力。著「社会問題概論」「土地国有論」など。

安部磯雄の解説 - SOCKETS人物データベース

戦前〜戦中の社会主義者、キリスト者(新島襄に洗礼を受ける)。早稲田大学野球部を創設し「日本野球の父」と呼ばれる。
出生地
福岡県福岡市
生年月日
1865年2月2日 みずがめ座
没年月日
1949年2月10日(享年84歳)